パート 05 - オーナメント ロゴ デザインの作成方法

色とファイルのエクスポート

チュートリアルのこのパートでは、色とファイルのエクスポートについて少し説明します。このトピックは非常に複雑になる可能性があるため、ここではいくつかの基本事項のみを紹介します。実際に印刷物を生産に送る前に、印刷会社に色とファイルの種類について話し合うことをお勧めします。

ヒント: Adobe Illustrator を初めて使用する場合、または色見本をまだ使用したことがない場合は、Adobe が提供する次のチュートリアルを確認してください。
色とストロークを変更する
スウォッチの使用と作成

このチュートリアルのパート 01-04 では、RGB カラー モードで作業しました。これは、画面上でデザインを使用する場合に適したカラー モードです。しかし、RGB モードで印刷すると、失礼な驚きを感じるかもしれません。色は画面のように鮮やかではありません... では、ここで何ができるでしょうか?まず、ドキュメントのカラー モードを CMYK に変更する必要があります。これは、C=Cyan M=Magenta Y=Yellow K=Key(Black) の略で、標準の印刷色を定義します。 (詳しく知りたい場合は、ウィキペディアのこの記事をチェックしてください: CMYK カラー モデル)。 [ファイル] -> [ドキュメントのカラー モード] をクリックし、CMYK カラーに変更します。色見本に移動し、見本をダブルクリックしてオプションを開きます。ご覧のとおり、カラーモードはすでに CMYK に変更されています。 RGB と CMYK のカラー スペクトルが異なるため、CMYK モードに変更すると色の値が薄くなる可能性があります。これは、単に「画面で生成できるすべての色を印刷することはできません」という意味です。そのため、色の値を調整する必要がある可能性があります。

ヒント: 印刷時に希望どおりの色になるようにするには、次のような印刷用カラー ガイドが必要です。たとえば、 Pantone カラー ブック(材料ごとに異なるガイドがあります)
カラー ガイドには、印刷ファイルで選択したカラー値の正確な変換が表示されます。

Adobe Illustrator では、Pantone や HKS などの「スポット カラー」を使用することもできます。これらは、追加の印刷版が必要で、デスクトップ プリンターでは印刷できない色です。それにもかかわらず、これらの印刷色は、紙から布地など、幅広い素材に使用されています。大きな利点は、色の値の範囲が広いことです。 Pantone のようなスポット カラーは、CMYK では不可能な、より鮮やかな色やメタリック カラーを生成できます。
スクリーンの色は印刷結果とは大幅に異なるため、スポット カラーで作業するには、上記のような印刷カラー ガイドが必要です。

ここでは、カラー ガイドでメタリック パントン カラー 871c を黄金色に選択します。
ドキュメント内でこのスポット カラーを作成するには、カラー ウィンドウの左下にある Swatch Libraries メニューに移動します。これにより、さまざまなカラー セットが開きます。 Pantone カラーは「カラー ブック」で見つけることができます。 871cはメタリックカラーなので「Pantone+ Metallic Coated」を選択。
注: コーティングありとコーティングなしは、紙の表面を表します。

検索フィールドに色の名前を入力し、色見本をダブルクリックして色見本ウィンドウに追加します。次に、金色の部分を選択し、Pantone の色見本を選択します。 (前述のように、画面の色は元の色の値とは大幅に異なります。)
基本的にはそれだけです;)

それでは、最終的なファイルをエクスポートする方法を詳しく見てみましょう。 (ここで基本色に戻りました)。まず、あなたのデザインがアートボードに配置されていることを確認してください (アートボードについてはこちら: アートボードの操作)。ここで、最初の画像の背景レイヤーを非アクティブにして、アートボードの境界線を表示します。

ファイルを保存するには、[ファイル] -> [名前を付けて保存] に移動します。保存する前に、必要なファイル タイプを選択できます。アプリケーションが異なれば、必要なファイルの種類も異なります。ここでは、印刷用にエクスポートする PDF を選択します。

背景を透明にしてデザインを保存する方法を質問された方もいました。それでは、これについて詳しく見てみましょう。まず、エクスポートされたファイルには背景がないはずなので、背景レイヤーを再度無効にします;)
次に、[エクスポート] –> [名前を付けてエクスポート...] を選択します。

[フォーマット] をクリックすると、さまざまな種類のファイルが表示されます。 PNG を選択したのは、この形式では背景色なしで画像を保存できるためです。これは、たとえば、画像に白い背景を自動的に追加する一般的な形式の JPG とは異なります。 [エクスポート] をクリックすると、解像度に関するいくつかのオプションが表示されます。保存する前に、必ず「透明」を選択してください。これで、背景色のない透明な画像が作成されました。

他の 2 つのオプション「画面用にエクスポート」と「Web 用にエクスポート」はすでに見たことがあるかもしれません。 「画面用にエクスポート」は、複数のアートボードを一度にエクスポートする場合に最適で、他にも便利な機能がいくつかあります。

「Web 用にエクスポート」は、その名のとおり、Web 用にデザインを保存するために使用されます。画像のサイズを変更でき、JPG、PNG、GIF などのファイル タイプから選択できるため、このエクスポート オプションをよく使用します。

このチュートリアルに従っていただきありがとうございます。もちろん、質問やフィードバックがある場合は、以下にコメントしてください。喜んでお手伝いします。

ここでこのチュートリアルの他の部分を確認してください。
パート 01 - 装飾的なロゴのデザイン、始めましょう
パート 02 - 装飾的なロゴのデザイン、装飾の追加
パート 03 - 装飾的なロゴデザイン、微調整
パート 04 - オーナメント ロゴ デザイン、最終ファイルの準備
パート 05 - オーナメント ロゴのデザイン、色、およびファイルのエクスポート

11 コメント

Do these font interfere with Creative Cloud? Do they load properly?

Kim 7月272021

I have just sold my branding company and am starting a business in tarot consultation. This set of tools has the exact aesthetic I want to use in my new brand, and it’s great, but here is what I really want to say … I started my branding career in 1997 as a completely self-taught graphic designer. Every single thing I learned over the years was either by trial and error or by reading/watching tutorials online. After all these years, I didn’t think there was anything I didn’t know how to do with Illustrator, but I learned a couple things from this article. I have said it many times before, but I will forever be grateful for people like you who are willing to share their knowledge freely. I have spoken on branding many times, and I almost always turn it into a big Q&A session where I try to share my knowledge in any way that helps. I’ve been criticized for that by people who feel that I should charge for such info, but if it wasn’t for content contributors like you, I wouldn’t even have a career. Anyway, all this is to say thank you for sharing your knowledge, and if anyone is actually still reading … the quality of these fonts and vectors are very well done. They make it easy to put together a truly polished design that immediately communicates an impression of high-end, high-value integrity. I am so excited to have these tools to work in a brand for myself!! Thank you :)

Nicole F. 6月182021

This tutorial is like the keys to the kingdom of vector illustration! It pretty much spells out all the important details in designing quality graphics not just for ornate Victorian designs, but any logo or illustration in AI. Some of these tricks I learned the hard way over the years, and some I didn’t know about at all, like using the Width tool.

This summer I’m restoring an old building, and can’t wait to adorn it with signage and product labels from these collections. I was delighted to see how well made and extensive the collections are, and now I’m discovering that the tutorials are just as excellent. Thank you for empowering designers so much!

Dan DF 6月112021

I just purchased this. I want to do some t-shirt designs, and this is exactly what I am looking for. THis tutorial was great. But I admit that I am seriously intimidated by the amount of things you get in this bundle. My only problem is getting started.

Eliel R. 5月032021

I bought ta package of fonts over the holidays and love it. I then followed this tutorial all the way through and have a logo put together much like the Black Tiger logo. As I added the ornaments I added colors (not mentioned) to the flowers that I arranged into the design. I want to add blending effects such as “Inner Glows” to the petals and leafs/fronds. At what step do I add blending effects. I am worried that when I jump into the final tweaking, the blending effects won’t be compatible with final product.

Question: Can I add blending affects and if so, what stage should I do this?

Richard 1月062021

Any possibility of putting all these tutorials on to a YouTube presentation? I find it easier to follow by pausing the file at odd times than scrolling the page in a web browser. Alternatively, could you produce a pdf on the subject? Apart from this criticism, I found the whole tutorials just what I wanted. Keep up the good work.

Eddie Killick 12月142020

SO much professional help we have received from you.
Thank you very much
If would be cool if we can post our logo exercises so you can check them and gives us some feedback

thanks from Ecuador

cesar 7月012020

This is so good, I like that you went the extra mile to show how to prepare for printing and export. I think the only hard part is having the talent to make a nice initial sketch. Even though it’s not fleshed out it’s a nice balanced design. You can already see the rest is going to turn out well from that starting point.

Matt Lala 5月282020

I was astounded when I cam across HTC’s ad of Facebook and knew I’d have to buy it in a heartbeat, which I did.

I was shocked by the amount and quality of the package I purchased. And to find your template files with non-outlined content inside made it extra worthy. And, to boot, full tutorials on the process of creating these wonderful designs.

I straight away headed to the comprehensive tutorial to see if I could somewhat recreate the Black Tiger logo in my company’s name. It was a cinch! and, more importantly, so much fun.

Thank you Tobias, you’re a trailblazer in the retention of bygone design. I’m in 100% for a revolution! Let’s bring it back.

Here’s my attempt: https://www.dropbox.com/s/4xn4ggahd2tn20g/GKSC.gif?dl=0

Brenn Seldon 5月282020

Thank you so much for this! A really helpful and in-depth tutorial, and of course your work is beautiful.

Tulin K 5月042020

Thanks for a thorough and clear tutorial. Though I didn’t need to reference it (this time) props for cross-referencing to Adobe tutorials and other background info. Those that need the background can get it easily, yet it saves the main topic from clutter and detail overkill. Lovely products!

Dan Vedda 4月132020

コメントを残す

すべてのコメントは公開前にモデレートされます