パート 04 - オーナメント ロゴ デザインの作成方法

最終ファイルの準備

このチュートリアルは、パート 1 ~ 3 のロゴ作成のちょっとしたフォローアップです。すでに素敵な華やかなヴィンテージ ロゴをデザインしましたが、現時点では、ストローク、シェイプ、クリッピング マスクを組み合わせたデザインになっています。デザインを使用する準備ができている場合もありますが、クライアントに送信できる最終ファイルの場合、ロゴを完全にラスタライズするには追加の作業が必要です。

!!これらの手順を開始する前に、ファイルのコピーを作成してください。これは元に戻すのが非常に難しいためです!!

そのため、まず必要のないものをすべて削除して、ロゴが 1 つのレイヤーと背景レイヤーのみになるようにします (背景色で作業したことがある場合)。 BG レイヤーを非表示にすると、デザイン内にまだ黒い線がいくつかあることがわかります。これらは必要ないので、削除しましょう。

デザイン全体を選択し、タイプ –> アウトラインの作成 (Shift+Command+O) に移動します。これにより、テキスト フィールドがラスタライズされます。これは、テキストが編集できなくなることも意味します。このプロセスは、たとえば、クライアントにファイルを送信するときに、デザインで使用されるフォントのライセンスをクライアントが持っていない場合に必要です。

次のステップに進む前に、デザインが以前に準備した色のみを使用していることを確認してください。

次のことに集中してください。これは最も重要なステップの 1 つです。ロゴ全体をもう一度選択し、[オブジェクト] -> [外観を拡張] を選択します。次に、同じことをもう一度行いますが、[拡張] を選択して [OK] を押します。これで、ロゴのすべての部分がパスに変換されます。

次に、[分割] をクリックして、パスファインダー ツールを再度使用します。このアクションにより、すべてのシェイプが細かく分割されます。

次に、色見本ウィンドウ (左上) で白を選択します。 [選択] -> [同じ] -> [塗りつぶしの色] を選択します。このプロセスでは、ロゴのすべての白い部分が選択されます。 Pathfinder に移動し、「Unite」を選択してそれらを接続します。

同じことを金色で行います。 –> 同じ –> 塗りつぶしの色を選択し、次にパスファインダー –> 結合を選択します。

完全なデザインを選択し、右クリック –> グループ解除 (Shift+Command+G)。次に、ロゴの白い部分をクリックし、Shift キーを押しながら金色の部分をクリックします。次に、編集 –> 切り取り (Command + X) を選択して切り取ります。すべてが正常に機能した場合、2 番目の写真のように、一部のパーツの残りだけが表示されます。

次に、すべてを選択し (最初の図のように、透明な図形と線もいくつかあります)、完全に削除します。次に、[編集] –> [所定の場所に貼り付け] (Shift+Command+V) を選択すると、ロゴが再び表示されます ;)

1 つは金色、もう 1 つは白の 2 つのレイヤーを作成します。それを切り取り (Command+X)、該当するレイヤーのパーツをその場で貼り付けます (Shift+Command+V)。

黒の背景を再び有効にすると、ロゴの残りの部分は金と白の 2 つだけであることがわかります。

わかりましたが、「なぜこれが必要なのですか?」と自問するかもしれません。したがって、2 つの理由があります。

1. ストロークと輪郭で作業しました。ロゴをスケーラブルにするために、これらをシェイプに拡張する必要がありました。たとえば、ストローク ワイト 10 ポイントでシェイプをスケーリングしても、ストローク ウェイトは比例して増加しません。したがって、最終ファイルにはシェイプのみが含まれ、ストロークは含まれないようにする必要があります。

2. ロゴを多目的に使用できるようにするには、パスの数、特に色の数を減らすことが理にかなっています。たとえば、デザインをレタープレス スタジオに転送すると、ロゴを印刷するための 2 つの印刷版 (この場合、1 つは金、もう 1 つは白) を作成できます。

等高線間のギャップを避けるためのもう 1 つの簡単なヒントを次に示します。

この場合のように、2 つの図形が直接隣り合っている領域を拡大すると、線の間に小さな隙間がないことを確認するのに役立つことがよくあります。これにより、印刷時に不正確な結果が生じる可能性があります。そこで、これを回避するための簡単なトリックを紹介します。

ここでは、プロセスをわかりやすくするために、金のレイヤーを透明に切り替えています。ロゴの白い部分を選択して輪郭を描き、写真 01 のように金型と重なるようにします。ストローク ウィンドウで [ラウンド キャップ] と [ラウンド結合] を選択します。次に、Expand プロセスをもう一度実行します (Object –> Expand –> OK)。あとは輪郭と形をパスファインダーで繋ぐ→合体。

ここでわかるように、2 つの図形が重なり合っているので、印刷時に不要なギャップを心配する必要はありません ;)

最後に、両方のパーツ (金と白) を選択し、それらをグループ化します (Command + G)。これで、スケーラブルですぐに使用できる 2 色のロゴができました :)

色とエクスポート ファイルの概要を含む別のフォローアップをここにアップロードしました:パート 05
ご質問やご意見がございましたら、お気軽に以下にメッセージを残してください:)

ここでこのチュートリアルの他の部分を確認してください。
パート 01 - 装飾的なロゴのデザイン、始めましょう
パート 02 - 装飾的なロゴのデザイン、装飾の追加
パート 03 - 装飾的なロゴデザイン、微調整
パート 04 - オーナメント ロゴ デザイン、最終ファイルの準備
パート 05 - オーナメント ロゴのデザイン、色、およびファイルのエクスポート

1 コメント

Excellent…Thank you for filling a void in the font/clipart market. Absolutely love your style and quality. Quality at a fair price and reasonable terms. As an old Sign Painter, at 73 and still going I really enjoy early advertising art and the letterforms of the past. We used to call the different styles of letters ‘alphabets’ and you had to learn how to draw them correctly before you could do a decent job of painting them, (which in itself was something that required a long learning process. Fast forward to the computer age and a new ball game. At first we…(my son and I), resisted as did many in the business. Long story short, we have fully embraced the technology and truly enjoy the best of both worlds. So keep up the good work. I’ve purchased a couple of your packages so far and intend to buy and use more. Next on my list is the Milkman pack. Sincerely, Mike Szczoczarz aka Mike Z Countryside Signs

Mike Szczoczarz 2月042020

コメントを残す

すべてのコメントは公開前にモデレートされます